みねお塾ブログ


過去記事はこちらから

最新記事

悔しさの向こう側

 もうそろそろ六月の終わりが見えてきました。温度や湿度はもう十分に夏です。とても暑い!これでも、沼津はほかのまちと比べると涼しく過ごしやすい気候なのです。慣れてしまうと、その良さを分かっていない、忘れてしまうということは多々あります。またその逆もしかり。逆とはその悪さに慣れてしまっているということです。

 

 生徒たちの期末試験が返ってきています。みねお塾の生徒達がすばらしいな、と思うのはみな一様に悔しそうな表情をしていることです。

 驚くことに数学で49点(50点満点)をとっても悔しそうな表情を浮かべている生徒もいます。あと1点とれた、と。

 自分に慣れないのです。常に上を目指しています。

 これはとてもいいことです。ただ、自分の良さも忘れてほしくはありません。どんなテストでも、必ず良かった点がありますし悪かった点もあります。それは例え点数が半分以下でも9割以上でもです。

 例えば、何回も声に出したあの単語は書けた!とか、漢字の覚え方がおおざっぱだから点を一つ書くのを忘れてしまった、とか。

 

 みねお塾は、テストが返ってくると毎回テストの反省を書いてもらっています。それには良かった点と悪かった点の両方を記入する項目があります。

 それは生徒が自分自身の今の位置や、実力を知ることが成長への第一歩だと考えているからです。そのためには自分を過大評価もしてはいけませんし、過小評価もしてはいけません。常に公平な目で自分や周りを見てみましょう。

 

 みねお塾は、生徒にまだまだ眠っているポテンシャルを、生徒自身の力で最大限に引き出すお手伝いをしています!

なぜ通知表の成績が上がらない!? 社会で通用する評価の上げ方


塾生に口を酸っぱくして言います。
学校の先生に自分を印象づけろ!と。
その理由は単純明快で、教科の先生に自分という存在を印象づけるだけで通知表の数字が上がるからです。

これは経験からくる予測ですが、通知表には確実に印象点が存在します。
テストの結果だけで成績が導き出されているわけではないのです!

よく考えてみたら、これも納得のいくことかもしれません。
社会に出て、単純に能力だけで評価されるのか?
他人に対する評価に印象や好き嫌い、性格や努力した量は反映されていないか?

つまり、教師に成績[能力]を踏まえ、社会に生きる人間として評価されなくてはならないのです!

まだ学校に通う学生なのに、その評価基準?と思われるかもしれません。
しかし、教育界は、大学入試改革・高大接続・中高一貫校の増加、などの
施策を経て、確実にそのようにシフトチェンジを行なっています。

どうすれば、評価されるか。
これは単純に、人間心理学に基づき
コミュニケーションの回数を増やす!
これに限ります。
授業中発言する、質問する、個別で話す。

よく会う、よく話す人の方がなんとなく親しくないですか?
親しい=評価 に繋がります。

シンプルすぎて信じられないかもしれませんが、
実感として、クラスで声が大きい生徒と物静かな生徒では、だいたいテストの点数が同じでも、
通知表の評価は5段階の平均で1ほど差がある気がします…

つまり、
社会人にもつながることですが、中学高校のうちから
人とのコミュニケーションを恐れず、コミュニケーションの機会を増やしていきましょう!
そうすれば評価も上がりますよ〜
ということです!

以上、沼津のとある塾の信ぴょう性のない話でした。
0 コメント

12月です

 12月になりました。峯尾塾は毎月塾生と保護者様に向けて塾内通信(コネクション)を発行しています。その文頭の挨拶を掲載します。

 全文が気になる方は、コネクションのページを御確認ください。

 

 本格的な冬がやってきて、東京は雪も降ったようです。沼津は海沿いの町で、雪はなかなか降りませんが今年の冬は雪が降るという予報もあります。寒さ対策や移動手段など雪が降ったことを想定して備えておきましょう。とは簡単に言いますが、この想定して備えておくことが実はとても難しい。まず、なにを備えるのか。それをどうやって集めるのか。またいつまでに備えるのか。このWhat,How,Whenの三段階が準備の軸となります。まずWhatですが、これは防寒具や雪の日の移動手段でしょう。How、どうやって手に入れるのか。これも簡単で、マックスバリュやドンキホーテにでも行けばなんとかなります。最後のWhenが曲者で、そのうちどこかに行って対策グッズを買い集めようと考えていると、ある朝いきなり雪が降り始めます。雪が降ってからではもう遅いのです。

 

 この雪をテスト、防寒具や移動手段をテスト勉強、ドンキホーテを勉強机に置きかえてみてください。こうすると、テスト勉強が間に合わない、テストで思うような成績のとれない生徒達の気持ちがわかります。When、いつまでに実行しなくてはいけない、そしていつ実行するか、がわかっていれば準備はそれほど難しいものではありません。とりあえず手をつけてみればあとはどうにかなることが世の中にはたくさんあります。

 

 子どもを見ていると感じるのが、彼等はなぜそれをやるのか、なにをしなければいけないのか、ということは感覚的にですが少しはわかっています。しかしその感覚が計画や実行になかなか移りません。これは前述したように、社会人でも難しいことであり、そうであるからこそ十代の内に身につけていて欲しい能力だと思います。この計画力、実行力が身についている人は必ず仕事が出来ます。

 多くの学校や塾などの教育機関はWhat、つまりなにを勉強すればいいか、の話に留まるかと思います。峯尾塾はもちろん勉強の内容にもこだわりますが、Whatだけでなく、一番難しい「When計画、実行の重要性」もじっくりと指導していきたいと考えています。

 

5 コメント