LEGOロボットプログラミング講座


プログラミング必修化

小学生向けの習い事でも人気なロボットプログラミングをLEGOの教材で授業する

2020年より義務教育授業プログラムの中にプログラミング授業が組み込まれることが決定されました。義務教育化の背景にはIT業界の人手不足があります。しかし、当塾ではそのような意味合いだけではなく、プログラミングを学習することで培われる問題解決能力、開発力、発想力を育てていきたい。そんな思いで全学年を対象としたプログラミング授業への取り組みを開始致しました。


そもそもプログラミングって?

 

プログラミングとは、思いついて、それを試して、結果を確認し、また考え次に活かすことの連続です。その過程を経て、問題解決能力や思考力、想像力を鍛えます。

小学生がそれを楽しく学べるようにみねお塾が採用したのが、LEGOブロックで学べるロボットプログラミングです。1対1で楽しく丁寧に指導します。

 

プログラミングというのは、正式には「コンピューターに対して、どのような手順で仕事をすべきかを、機械が解読できるような特別の言語などで指示するもの」(広辞苑より抜粋)です。

主要なプログラミング言語としてJava、C言語、HTML等があり、ソフトウェアを作製する時に使う言語、ホームページを作製する時に使う言語。今ご覧いただいている当塾のホームページもプログラミングによって作製されているものなのです。


プログラミング教材

LEGO WeDo 2.0


小学1年生~学べるロボットプログラミング教材

タブレット端末を使いながら、プロジェクトに合ったブロックを組み立て、簡単な動作のプログラミングを作っていきます。

この過程からプロジェクトを理解する能力創造、理想の動作を実現させるための問題解決能力を育てていきます。

LEGOWedo2.0で学ぶロボットプログラミング

受講者が作製してくれたプルロボット




教育版レゴ

マインドストームEV3



小学5年生~学べるロボットプログラミング教材

同様にタブレット端末を使いますが、スタンダードなロボットの組み立てからオリジナルの組み立てまで出来ることから、発想、 創造を養うことができます。また、長期的な学習によりプログラミング構築の基礎学習と勉強意欲を養えます。

LEGOロボットで学ぶ小学生ロボットプログラミング

受講者作製の

色を認識し、それにあった動きで反応してくれるロボット

 

通称:パピー



プログラミング各コース料金表

WeDo 初級コース(全8回) 20,000円(税別)
教育版 マインドストーム(全8回) 20,000円(税別)

             ※コース内容、コース料金に変更がある場合がございます。

Q&Aコーナー


Q1:WeDo 2.0 の授業内容は?

A1:小学生理科のテーマを中心に、理科で不思議に思った疑問などから課題をみつけ、解決        策を見出していきます。その過程でロボットを作製していただき、思うような動作をさ        せていくためにプログラミングを活用します。

 

Q2:授業は全部で何回ありますか?

A2:修得別のコースがございます。WeDo 2.0を使ったベーシックコースですと、全8回を        予定しており、週1回での受講となっております。

     (今後、コース内容に変更がある場合がございます。ご了承下さい)

 

Q3:プログラミングに使うロボットの費用は自費ですか?高いですか?

A3:みねお塾のプログラミング講座は、塾にすでにある教材を使うため教材費は無料です。

 

Q4:小学一年の子供ですが大丈夫でしょうか?また、何歳まででしょうか?

A4:はい、大丈夫です。WeDo2.0では小学校の生徒様から学んでいただけるような

     カリキュラムを組ませていただいております。EV3については高校生までの生徒様も

   受講可能な内容となっております。

 

Q5:申し込みはどうすれば良いですか?

A5:電話でのお問い合わせはお近くの教室までお問い合わせください。

   ホームページからのお問い合わせは上記のお問い合わせボタンよりお申込み頂けます。