御殿場西高校に行ってきた

 みねお塾のある沼津市は、高校進学において公立志向が強く、中学生は公立高校の名前は知っていても私立の高校の名前は知らないケースが多く見受けられます。しかし私立への進学率が低いわけではけしてありません。よく私立のことを知らないという理由だけで、身近な公立高校を第一志望に設定するのは、自分の大事な目標を軽視しているとも言えます。当然、必要な全ての情報を得た上で公立高校を選択するのは全く問題がありませんし、最大限のサポートをします。

 生徒に多くの情報を与えるためには、その情報を得て与えられる立場にいる人間の努力が必要です。その一環として、御殿場西高校、通称御西で開催された塾向けの学校説明会にいってきました。私は今年度よりみねお塾で勤務し始めたので、沼津市出身でありながら初めての御西訪問となりました。御西は私立の高校であり、名前の通り御殿場にあります。沼津の中学生にとっては遠方の地にあることや私立高校であることで関心が低い高校かもしれません。しかし御西の登校圏には沼津も含みます。

 御西はオーストラリアに、姉妹校(経営母体が同一)が存在し、海外留学の際の学費が免除となります。弊塾の塾長は昨年、噂のオーストラリアの高校に視察にいってきました。その感想はここに書ききれるような量ではないようなので、気になる方は是非塾長に話を聞きに塾までいらしてください。私は、塾長から感想を聞いていたので(長時間に及びました)御西を訪れる前に抱いていた印象は、「インターナショナル」。実際に訪問するとその印象はけして間違いでなかったことがわかり、むしろより良い印象となって私に刻まれました。

 高校創立50周年を記念して建てられたスカイホールの中で行われた説明会では、来年度から設立される二つのコースの説明や、特進コースの全国模試の平均点が並み居る公立高校より高い理由、充実した留学システムなど多くの事項が説明されました。全てを書くと、これも膨大な量になってしまいますし、ただ聞いた情報をここに書き写すのではまるで観てきた映画のあらすじを書くだけの映画評論。次回のブログで御西の説明会を聞き、感じたこととその場で考えた高校教育について書いてみようと思います。