夏休みと勉強の本質

こんにちは!

6月も後半。暑さも厳しくなってきました。

みなさんはもう冷房の電源は入れていますか?

みねお塾は冷房を入れたり入れなかったり…

今年の夏はコロナウイルス対策として、「換気」をしながらの温度調整が難しそうです。

精一杯塾も環境整備をがんばりますが、

最終的には塾生の適応力に期待したいと思います!

 

さて、夏も近づいてきたということで

誰もが気になるのが今年の学校の夏休みのスケジュールですね。

2020年度沼津市の公立小中の夏休みは、

 

当初の7月23日~8月24日(33日間)から、8月8~17日(10日間)に短縮されました。

高校は各高校によってスケジュールが異なります。

 

これがいいことか、悪いことか、はあえて論ずる必要がないことだと思います。

もう決まったことなので、生徒たちはこのルールのもと状況をより良くしていくしかありません。

受験に似ていますね!

(色々と決まる前に声をあげたり、社会的な問題点を変えてもらうために働きかけるのは重要なことです。)

 

ここで伝えたいのは、

スケジュールやルールの変更に勉強面で振り回されないためにはどうすればいいか、ということです。

 

例えば学校の授業で担当する先生が変わったときに、

「去年の先生の方がわかりやすかったな~」とか

「まじで先生変えてほしいわ~」とか言っていませんか?

これを本気で言っている生徒がいたとして、担当の先生が変わった例を聞いたことがありません。

 

みねお塾では生徒たちに、自分の力で勉強できるように指導しています。

それには結局いつか塾に来なくなったとしても勉強することはずっと続きますし、

一生学び続ける人間になってもらいたいという思いもこもっています。

また、自分から勉強する姿勢なしで受け身でいても、勉強はなかなか頭に入ってきません。

 

勉強とは自分が行うもの。

そして、勉強は自分のためにするもの。

 

この勉強の本質をしっかりつかめていれば、

スケジュールやルールの変更なんてなんのその!

どんな環境でももりもり自分で成長していけるはずです。

 

これは本当に受験と同じで、例えばセンター試験が共通テストに変わりましたが、

乗り越える人は確実に乗り越えます。

それはどういう人かというと、勉強の本質を知っている人だと思いますよ。

環境を本質の力で乗り越えよう!!

夏休みは短くても、受験生にとっては勝負の時期。というより受験生にとっては毎日が勝負。

これも本質。